自分のリラックス空間、「家」の在り方を考えよう

リフォーム工事をして快適な暮らしをしよう

リフォームの目的

リフォームには目的が大切です

長く営業した店舗はどうしても古い印象を与えてしまい、お客様の足も遠のきがちになってしまいます。その場合は店舗リフォームが必要となりますが、店舗リフォームの際にはリフォームの目的をはっきりさせておくことが必要です。 店舗リフォームの目的がはっきりしていると、デザインをデザイナーに依頼する場合でも、自分たちが思った以上のアイデアが出てくることがよくあります。逆に目的がはっきりしないと講じ業者側もなかなか返事が出しにくいものです。 また、おしゃれなリフォームをしたいからといって、外見にこだわりすぎるのよくありません。外見ばかりで使い勝手が伴っていないと結局は使わなくなったり、自分たちが使いやすいようにアレンジしてしまって、最終的にはおしゃれではないものになっていることが大半です。

店舗にあったリフォームを考えましょう

新しくおしゃれな店舗は魅力があります。やはり店舗リフォームの効果は集客力や売り上げの向上で計るべきです。 店舗リフォームを考えられるようなお店ですと、現状である程度の売り上げがあり、固定のお客様もついている場合が大半です。これまでからのスタッフの動きを考え、お店のイメージを損なわないようなリフォームを目指すようにしましょう。 また店舗の名前を示すサインが外の歩行者からもよく見える配置にするなどの工夫をすれば、新たなお客様を獲得できる可能性があります。逆に固定客を大切にして、新たなお客様から隠したい場合は、これまでのお客様にご満足いただけることを第一に考えてリフォームするといいです。 どのような方向で店舗リフォームするかでさまざまな選択肢があります。